古今東西のフィールドの知恵を共有する,きっと,新しい何かが生まれる

連載:子連れフィールドワーク:ナイロビ・ウガンダ編(椎野若菜)

これまで配信した月例メルマガに連載されたシリーズを個別に紹介しています.
それぞれメルマガバックナンバーにリンクしていますので,連載の続きは前後の月のメルマガに移動してご覧ください.
(メルマガ記事の最下部に前後へのリンクがあります).

「連載:子連れフィールドワーク:ナイロビ・ウガンダ編(椎野若菜)」

概要

6歳になる息子と、8か月になる息子と、そして80をすぎた母と、ふたつの科研の研究課題をかかえてケニアとウガンダで計25日間の予定で渡航した。準備の段階から時間のかかることを実感。ベビー向けと6歳児、というのも必要なものが全く異なる。6歳の長男は現地の私立小学校へ二週間行かせることにした。ナイロビでの生活がいざ始まると、ベビーの風邪悪化、そして老齢の母も・・・ウガンダでは夫と合流予定であった。二男Lはウガンダ西部に移動する日に9か月となった。途中、車から煙がでたり、ガス欠で止まったりしつつ、調査のための家族を巻き込んだキャラバンであった。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

マイページ

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © FENICS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.