第15巻フィールド映像術発売を記念して、札幌でおしょろ丸に関するサイエンスカフェを行います。
北極海をフィールトとして、研究やそれらを支えるスタッフなど映像として博物館映像学の立場から残すべき素材を収集する意義について語ります。当日は、紀伊国屋書店で関連書籍の販売も行います。

日 時 :2015年1月25日(日)16:00~17:30 (開場15:30)
場 所 :紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン
ゲスト :星直樹 (北海道大学水産学部 助教 おしょろ丸練習船二等航海士)
藤田良治(北海道大学総合博物館 助教)※第15巻フィールド映像術 PART2制作編 博物館映像学の観点からみた北極海における撮影の意義
聞き手 :出村沙代  (CoSTEP)
定 員 :80名
参加費 :無料。当日会場にお越しください。
荒ぶる日本海、広大な太平洋、白く輝く北極海、そこにも北大のキャンパスがあります。その名は、水産学部附属練習船おしょろ丸。この「洋上のキャンパス」が2014年7月、最新鋭の設備を数多く備えた5代目「おしょろ丸V世」に代替わりしました。
初代忍路丸は1909年(明治42年)に竣工しました。以来、世界の海をフィールドに実習教育や調査研究の場として多大な成果を上げてきました。年間の航 海日数はおよそ180日。ロマンを胸に抱いた自然科学の研究者や学生を海に導く、北大のフロンティアスピリットを体現する存在です。北海道・東北地区の大 学として唯一練習船を所有する北大は、これまで日本の水産学をけん引し、今では世界中から注目されています。
今回のサイエンスカフェでは、航海士、教育者として乗船する星直樹さんと、おしょろ丸IV世とV世の姿を、学術標本として映像におさめることに挑んだ藤田 良治さんをゲストに迎えます。多くの人々に愛されるおしょろ丸の魅力や、水産学や海洋教育が果たすべき役割について語っていただきます。

関連サイト