本サイトのお知らせで2018年10月、2019年10月に掲載しておりますように、桐朋女子高等学校では、吉崎亜由美先生(FENICS正会員)の地理の授業でFENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ7巻『社会問題と出会う』を使っていただき、編者のひとり椎野が出張授業に出かけています。
 このたび『開発教育66号 公正な地球社会のための教育』に吉崎さんの文章が掲載されました。授業の様子や『100万人のフィールドワーカーシリーズ』の紹介記事です。
授業の様子は、桐朋女子中・高等学校の桐朋ニュース 

http://www.toho.ac.jp/chuko/tnews/tn-35383/にも報告されています。

桐朋女子では、進路決定者向けの講座を1月~2月に開講しており、今年度は『フィールドで社会問題と出会う』というタイトルのプロジェクト学習を行う予定。そのさいにも7巻を使用する予定です。
また、現在、津田塾女子大学でも本巻は授業テキストとして使用されています。近年、頻繁に高校・大学で触れられるSDGs(持続可能な開発目標)ですが、
「ネット情報から学ぶSDGs」でなく、まさに「フィールドから学ぶSDGs」として使用方法、どうぞご参考に!
『開発教育    公正な地球社会のための教育 教育の画一性を問う』のサムネイル

『開発教育66号 公正な地球社会のための教育』